menu

ブログ

新型コロナウイルス感染症防止に向けたガイドライン
[鳥取]

2020年08月03日
1 大人が参加する場合 ・・ ものづくり道場・カフェの開催、施設などへの派遣など
原則 ・3密「密閉、密集、密接」をさけ、人と人の間隔は、2mを目安とする。
・近接した距離での会話等が想定されないこと。
・必要に応じて、適切な感染防止対策「参加者制限、手指の消毒設備の設置、
マスクの着用、室内の換気など」が講じられること。
具体的に
・事前に、“マスクを着用する”、“体調不良(熱やせきがあるなど)の場合は参加されないように”
などをお知らせしておく。
・事前に、机、椅子などの消毒をしておく。手指の消毒液を準備しておく。
・会場に合わせて、密にならないように、参加者数、椅子の位置などに配慮する。
① 入室時、参加者名記帳、連絡先の記帳、体調確認、体温測定などをおこなう。
② 手指の消毒をする。マスクの着用を確認する。
③ 室内は空調を使用していても、適切に窓を開ける、扇風機使用などで換気をする。
④ 着席は、密にならないよう、2m間隔をとる。できたら対面はさける。
⑤ 会では、大きな声はださない、できるだけ 短時間 で終了する。
⑥ 退室時は手指の消毒を行なってから退室する。
⑦ 終了後も、密にならないように解散する。
⑧ 終了後、机、椅子などの消毒をする。
2 児童・生徒と保護者が参加する場合 ・・ 道場主催教室、派遣、出前講座など
*派遣、出前講座などは、事前に主催者側と、感染症防止対応について話し合っておく。
① 参加者(児童・生徒、保護者、職員、講師など)の名前、連絡先の記帳をお願いする。
② 参加者の体調を報告していただく。体温測定する。
③ 参加者全員、マスク着用の確認、手指の消毒の確認をする。
④ 室内は、空調を使用して、適切に窓を開ける、扇風機使用などで、換気する。
⑤ 3密をさける工夫をする。
・児童・生徒と保護者、主催者職員などの参加者数が、3密にならないように、制限する。
・目安は、講師1名あたり 児童・生徒数と保護者 10組程度。
・大きい会場を使用して、児童と保護者がまとまって、他の組との間隔を2mほど開けて対応する。
・できるだけ対面は避ける。場合によっては、フェイスシールドを使用する。
・講師と参加者の間隔も広くとる。
⑥ 使用する用具、道具などは、個別に用意する。貸し借りはしない。
共用するときは、消毒をして使用する。
⑦ 会では、大きな声をださない、短時間で終了することなどに配慮する。
⑧ 退室時は手指の消毒を行なってから退室する。
⑨ 終了後、密にならないように解散する。
⑩ 終了後、机、椅子、用具類などの消毒をする。
※ 派遣事業のアドバイザー、イベント担当者向けの対応概要は、こちら
2020年7月
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
2020年6月28日 2020年6月29日 2020年6月30日 2020年7月1日 2020年7月2日 2020年7月3日 2020年7月4日
2020年7月5日 2020年7月6日 2020年7月7日 2020年7月8日 2020年7月9日 2020年7月10日 2020年7月11日
2020年7月12日 2020年7月13日 2020年7月14日 2020年7月15日 2020年7月16日 2020年7月17日 2020年7月18日
2020年7月19日 2020年7月20日 2020年7月21日 2020年7月22日 2020年7月23日 2020年7月24日 2020年7月25日
2020年7月26日 2020年7月27日 2020年7月28日 2020年7月29日 2020年7月30日 2020年7月31日 2020年8月1日